FC2ブログ

自分の最後を考察する(1)

このごろ真剣に考えること、
健康寿命を延ばす努力をしてもやはり最後は来る
自分の最後の姿についてだいたい、ほとんどの人が曖昧にとらえているというか
みじめな自分で最後を・・・・・という想像しか思いうかばないのかも
美輪明宏も80歳過ぎているのだろうけれど、なるようになるさで
徹子の部屋で答えていた。
在宅介護支援が行政の方針で介護保険などできたが、在宅で子供たちに自分の仕事、人生よりも
親の介護を望んでいいのだろうか。
 自分の母親は「なんで子供を産んだか」という私の問いに老後のためと答えていた。
みんな少なからずそうなのかもしれない、子供の私はそのとき「アゼン」とした。
 子の幸せよりも自分に奉仕する存在を求めている人だと母親に対して思った。
今や地元では希望する働き口がなく東京にいる息子、派遣や非正規雇用しかない仕事で
自分が食べていくのが精いっぱいの若者が増加している雇用情勢の中で、
例えば「親の残した財産をついでその仕事で生きていく、農家、老舗のソバ屋、」などは特殊で昔のままの道徳は生きるが、会社に工場に働く若者に昔の道徳を求めることは、若者を苦しめるものなっているのではないか、ニュースに、介護放棄、存続殺人など氷山の一角かも
 鳴子の叔父もこの世の鬼はわが娘と言ったそうな。
介護を必要な自分になったら自殺、いまや老後の幸福は夢物語に、いやもともとこの国には無かったのかも、なによりも国民の福祉よりも軍事費、土木建設費、など企業が儲かりさえすれば国民におすそ分けがくるという政治方向はアベノミクスと言われるまえからあった。
市内の土建業者も公共事業がなければ廃業する。だから選挙には大変力を入れる。
今は震災景気だが、その後は不要でもなんでも公共事業を作り出さなければ廃業の憂き目をみるから
 必死だ。

 しかるに自衛策として老後生協とか安い老人ホームを探すとかになるのだけれど
早めに取り掛からないと足が動かなくなるかもしれない。と妄想しています。
スポンサーサイト
関連記事

経済のゆくえ、

地価
経済だけど株への投資家は機関投資家と個人投資家が大きく分かれて
今は個人投資家が株を買い越ししているそうな。機関投資家が買い始めるまで株価は下がると見る
機関投資家は自分の株だけでなく、借りても売る、そうして下がった株を買い戻してサヤでも儲ける
だいたい設備投資が盛んであればその後の生産物の量は半端ないわけでそれを消費できるだけの購買力ある国民なり外国貿易が必要、アメリカの輸入規制はリーマンショック並みに経済に響くのでは
というのが私の考え
 物つくり企業がアベノミクスで貯めた内部留保金で金融投資をして、本来の品物を売るより金融で企業利益の6割を稼いでいる状況では、新規技術開発に力はそそがなくなっているそうな
 そんな会社の株を年金の5割を運用して購入、その損失がまた年金減になり、支給年齢を上げていくという負の連鎖につながるのでは
  注 新規技術開発は企業の命だと思う、テレビが白黒からカラーへ、ブラウン管から液晶、へなど
 その製品が行き渡れば売れなくなるわけだから、老舗だからと言って同じものを作っていたら零細企業になるし、労働者は解雇ということに

続きを読む»