熟年世代の情報発信
ある哲学者の受け売り


哲学者の名前は忘れた。うろ覚えで数人の名前は出せるがさだかでない。
「ミツバチはすばらしい蜂の巣をつくる、しかし人間はどんなへたくそな大工でも作るものを頭脳の中に設計図をつくる、そこが動物との違いである」

「人はパンのみにて生きるにあらず」は聖書だったと思う、将棋も囲碁も先を読むことが大事、
兵法からは「相手を知り、己を知れば怖いものなし」
これらいずれも座右の銘にしておきたいものです。

追加で 「物事はらせん状に発展する」
 トバクで生活破たんした。「いとこ」はまたいつかトバクへお金を使うのだろうが
以前とは違うおこずかいの範囲でトバクを楽しめるようになれば成長した。と言えるのだろう

また いとこにとって試金石は生まれてこのかた書いたことがない「家計簿」をつけることだろう、
そうすれば「こずかい」という金額が確認できるのではないかと私は考えている。 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2018 シルバー日記. all rights reserved.